データ便

300MBまで無料 メールを介さずに大容量ファイルの送受信が可能 

データ便(英:datadeliver.com)は、㈱データ復旧センターのサーバーを介して大容量ファイルを受け渡しすることができるWebアプリです。メールに大容量ファイルを添付して送受信する場合、時間がかかるだけでなく相手のメールボックスを圧迫してしまうことがあります。データ便を利用すれば、相手に負担を強いることなく、好きなときにファイルを受け取ってもらえます。大容量ファイルのやり取りが多い人に利用してほしいサービスです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • メールを介さずに無料で大容量のファイルを送受信できる
  • 重要なファイル用には、セキュリティが強固なセキュリティ便が用意されている
  • ファイルにパスワードを設定することもできる

反対票

  • ファイルのダウンロードには有効期限がある

とても良い
8

データ便(英:datadeliver.com)は、㈱データ復旧センターのサーバーを介して大容量ファイルを受け渡しすることができるWebアプリです。メールに大容量ファイルを添付して送受信する場合、時間がかかるだけでなく相手のメールボックスを圧迫してしまうことがあります。データ便を利用すれば、相手に負担を強いることなく、好きなときにファイルを受け取ってもらえます。大容量ファイルのやり取りが多い人に利用してほしいサービスです。

データ便では、会員登録なし(無料)で100MB、無料会員登録で300MB、有料会員登録で1GBまでのファイルを送信できます。送信方法も、通常のデータ便とセキュリティチェックが厳しいセキュリティ便の2パターンから選べます。まずは自分の名前やメールアドレスを入力し、送信するファイルをアップロードします。同時にアップロードできるファイルは10個までで、所要時間はファイルの容量に左右されます。アップロード完了後、ファイルの送信相手の名前とメールアドレスを登録すると、相手に通知が送られます。

メール通知を受領した相手は、メール本文内のURLをクリックしてデータ便の専用ページにアクセスします。通常便で送られたファイルはそのままダウンロードできますが、セキュリティ便の場合は送信人に対して受取申請を行って許可を受ける必要があります。多少時間と手間がかかるので、重要でないファイルは通常便で送ったほうが親切かもしれません。

ファイルのダウンロードには3日間の有効期限があるので、期限内にファイルを入手する必要があります。また。データ便を無料で利用する場合は、通知メールに大量に文字広告が表示されます。重要な取引先などにファイルを送る場合は、広告が表示されない有料会員になったほうが無難でしょう。ダウンロードの有効期限も7日間に延長されます。

データ便は、「ファイルをデータ便のサイトにアップロードしてダウンロードする」というプロセスを経ることで、メールを経由せずにファイルを送受信できるサービスです。メールを介さないとはいえ、通知にはメールアドレスが不可欠なので、メールアカウントそのものは必要です。

データ便

サイトにアクセス

データ便